特P 口コミ

特P(とくぴー)の口コミ評判、手数料、トラブル情報まとめ!

特P(とくぴー)

駐車場シェアリングサービスとしては後発ながら、オーナー側の手数料を業界最安の30%に抑え、日本最大級のデータベースから駐車場を検索することができることから、今とても注目されているサービスです。

 

手数料 審査 運営会社
30% あり 株式会社アース・カー

 

特P(とくぴー)は、駐車場オーナーへの手数料の安さから今とても注目されているサービスです。

 

それではさっそく、特P(とくぴー)はどんなサービスなのか詳しく見てみましょう♪

 

(ここでは、駐車場オーナーの方向けの情報を記載しています。ドライバー(駐車場利用者)向けの情報ではありませんのでご了承ください。)

 

【使い方】特P(とくぴー)の特徴と、駐車場登録方法!

まずは、特P(とくぴー)をどうやって使うのかを見てみます。

 

 

特P(とくぴー)への駐車場オーナー登録手続きはとても簡単。

  1. スマホでオーナー情報と駐車場の情報を登録
  2. 駐車場の写真をアップロード
  3. 料金や貸したい日程を設定
  4. 貸し出し開始!

という流れです。

 

@の登録時にまず必要なのは、

  • 氏名・電話番号・性別・生年月日・メールアドレス・住所

のオーナー情報。

これらを入力して「次へ」をタップすると、次は

  • 駐車場情報の登録

です。ここで、正確な場所(住所)を地図上に反映させます。

「登録内容を確認する」をタップし、最後に

  • 入力した内容を確認

します。

 

そして次の画面で、登録内容を最終確認。
登録内容を確認したら最後に規約を確認し、

  • 「規約に同意して登録する」をタップして完了

となります。簡単!

 

 

そしてこの後、A駐車場の写真をアップロードしたり、B貸し出したい時間や料金を設定したりと、ちょっとワクワクするステップを終えたら後は予約が入るのを待つだけ、ということになります。

 

なお、以下の情報を事前に用意しておくと、この手続きもさらにスムーズに行えます。

  1. 駐車場写真:「全体写真」「駐車場写真」「周辺写真」の3種類
  2. 駐車場図面:敷地内で駐車場の位置が分かる簡単な図面でOK(特Pが清書)
  3. 駐車場サイズ:「長さ」と「幅」

【収入】特P(とくぴー)で売上・収入はどれくらいになる?

特P(とくぴー)への登録が済んだら、気になるのはやはり

「これから実際いくら稼げるんだろう?」

ということですね。

 

売上は駐車場の立地によってまったく変わってくるので一概には言えませんが、いくつか実際の例を見てみましょう。

特P(とくぴー)での売上(収入)ケース@徒歩圏内に繁華街


こちらは、(一応)徒歩圏内に繁華街がある民家の空き駐車場です。

 

また近くにはマンションやアパート、中小企業などの会社がちらほらあるということで、ショッピングに来る人や、マンション・会社等を訪問する方などが利用しているのかもしれません。(実際には、どんな方が借りているのかは分かりません。)

 

1車室1ヶ月で54,000円の利用料となっています。良い立地なので料金もそれなりに高く(2,000円)設定できていることも、この利用料収入につながっているのでしょう。

特P(とくぴー)での売上(収入)ケースA郊外の住宅地


こちらは、郊外の住宅地の例。

 

さすがに、繁華街から徒歩圏内の立地と比べると料金の設定も安くせざるを得ない(600円)ため、利用料も1ヶ月合計で10,200円となっています。

 

それでも、空きスペースを放置しておいたら発生することはないお金なので、こういう形で有効活用できるのはありがたいことですね。

特P(とくぴー)での売上(収入)ケースB月極契約の募集期間


そして、次の入居者が決まるまでの間、月極駐車場を貸し出したケース。

 

このケースでは、駐車場がないマイナーなお出かけスポットが近くにあるという立地で、全部で4車室貸し出したため1カ月で243,000円という利用料を生み出しました。

 

契約の切れ目は、月極オーナーさんにはどうしてもストレスとなってしまいますが、こうして入居者待ちの期間にも収入が得られるのは大きな安心になります。

特P(とくぴー)での売上(収入)ケースC整備されていない建物の隙間

これは、整備もされていない建物の隙間のスペース。

 

自動車を停めるには向かなくても、バイクの駐車場としての需要の発掘につながり、設定料金が500円でも利用料の合計は1カ月15,000円になっています。

 

「うちにある空きスペースは、車を停められるほどの大きさがないから…」と消極的にならず、バイクの駐車場として貸し出してみるのも良さそうです。

特P(とくぴー)での価格設定のコツ

特P(とくぴー)に限ったことではありませんが、空きスペースを駐車場としてシェアする際の料金設定にはコツがあります。

 

それは、

  • (よっぽど好立地でない限り)周辺の駐車場より若干安めに設定する

ということです。

 

駐車場利用者とすれば、立地条件が同じならば、その中で料金が高い方の駐車場をわざわざ選ぶ理由がないですよね。

 

なので、周りの駐車場の料金も参考に、それより少し安めに設定すると良いでしょう。

この時、特P(とくぴー)内で他に登録駐車場があればもちろんそれも参考にしますし、特P(とくぴー)以外のサービス(akippaとか軒先パーキングとか)や一般のコインパーキングの駐車場料金とも比較できればなお良いです

【月極】特P(とくぴー)で月極駐車場を貸し出すことはできる?

特P(とくぴー)では、上でちらっとご紹介した通り、月極駐車場を貸し出すことも可能です。

 

もう少し具体的に言うと、

  • 契約者が決まるまでの間だけ、特P(とくぴー)を通じて貸し出す

ということですね。

 

入居者がいない状態で月極駐車場を放っておいても何の利益も生み出さないので、特P(とくぴー)を次の契約が決まるまでのつなぎにするわけですね。月極駐車場オーナーさんにとっては次が決まらないじれったい期間の助けになります◎

 

また、これとは逆に、現在月極駐車場を契約者として利用している場合も、駐車場オーナーの方との合意が得られれば、

  • 自分が使っていない時間だけ特P(とくぴー)で貸し出す

ことができる場合があります。

 

貸し出しができれば、自分の月極駐車場利用料金の足しにできるのでありがたいですね。

でももちろん、オーナーさんに隠れてこっそり貸し出すことは厳禁です。必ず合意を取り付けてからにしましょう。

【トラブル】特P(とくぴー)で駐車場を貸し出してトラブルになった人はいる?対処法は?

特P(とくぴー)で自宅の駐車場を貸し出す際、気になるのはやはり「トラブル」は起こらないのか、という点です。

 

これについては当サイトでもいろいろリサーチしましたが、特に目立ったトラブルの情報を見つけることはできませんでした。

 

(特P(とくぴー)のサービスが始まったのが2017年の9月と、駐車場シェアリング業界でもまだ若いサービスであることも理由の一つとなっているのかもしれません。)

 

ただ、だからと言って「そっかー、トラブルはないのか!」と楽観的にならず、防げるトラブルは事前に対処しておきたいですね。

 

なのでここでは、いくつか事前に想定されるトラブルとその対策方法をご紹介しておきます。

@駐車場内で事故・破損が起こったら?

駐車場内で事故や破損が起こったら、まずは特P(とくぴー)に連絡します。当人同士での解決は避けましょう。

 

また、そもそも破損したら困るものは駐車場内には最初から置かないようにすると良いですね。

 

それから、駐車場写真を登録する際、登録当初の状態が分かるよう細かな部分の写真も撮って保存しておくと、万が一破損したとしても最初の状態との客観的な比較ができるので便利かもしれません。

 

また、壁など車が擦ったりする可能性のある部分は、気になるなら最初から保護材などを貼っておくという手もあります(そこは若干の自発的初期投資ということになります)。

 

特P(とくぴー)をはじめ、ほとんどの駐車場シェアリングサービスが、ドライバー(利用者)に任意保険の加入を義務付けており、事故や破損の際はこの保険がカバーします。

 

また、特P(とくぴー)の相談窓口には保険専門のスタッフもいるので、必要以上に神経質になる必要はないでしょう。

A利用時間を過ぎても駐車車両が出庫しない場合は?

駐車車両が、予約時間を過ぎても出庫しないというトラブルも考えられます。この場合も、車のナンバーと共に特P(とくぴー)に連絡します。

 

ドライバー(利用者)が駐車場に戻る道中で気分が悪くなったりなど、思わぬアクシデントも考えられます。

 

そういったことも想定し、予約可能時間はあらかじめ少し余裕を持って設定しておくと良いかもしれませんね

B不正駐車があった場合は?

予約が入っていないのに車両が止まっていたら?これもやはり、車のナンバーと共に特P(とくぴー)に即連絡です。

 

これは事前に防ぐ方法はちょっと考えづらいですね。

 

でもこれも、慌てず騒がず特P(とくぴー)に連絡です。駐車車両と直接やり取りをすることは更なるトラブルを呼びかねないので、避けた方が賢明です。

いずれの場合もこちらに落ち度は何もないので、プロによる解決を落ち着いて待ちましょう。

 

ドライバー(利用者)としても、予約時にクレジットカードで決済するので、「現地に行ってみたら駐車できなかったということがないか?」という不安もあるんですよね。

 

お互いの不安を、お互いの良きマナーで解消しながら上手にサービスを成り立たせたいものです。

【口コミ】特P(とくぴー)の口コミでの評判はどう?

化粧品の口コミなら@コスメなどが有名ですが、駐車場シェアリングサービスの口コミサイトというのはまだ確立しておらず、特P(とくぴー)の口コミも多くは見つからないのが現状です。

 

が、ここでは、特P(とくぴー)の駐車場オーナーと利用者(ドライバー)の立場からの口コミをいくつか探してきましたのでご紹介してみますね。

特P(とくぴー)の駐車場オーナー側の口コミ@

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんばんは????? 子供が小さいと車移動がメインですが、駐車場探すのに苦労していた我が家?? そんなとき、 #akippa や#特p というサイトを発見?? 相場より安く駐車できた上、予約制なので、取られる心配もなし?? 個人宅なので、不安だったけれど、 オーナーさんと面会するわけでもなく、本当に停める為だけで、カード決済済みだしで味をしめました?? ドームでのイベントや商業施設でのイベント時、コインパーキングを探すのに一苦労しなくてすむので、これから活用しようかな?? と、そんな我が家は#旗竿地 なため、3台縦列になります! が、一台のみの所有なので、残りのスペースがもったいない?????? 初期費用もかからず、駐車場を利用され代金が発生したときに取り分が決まるので、とりあえず登録のみしました?? akippaと特Pのメリットデメリットは記載の通り。 両サイトに登録したかったけど、 予約が重複した場合、オーナー都合の取り消しはペナルティとのこと?? 吟味して一つのサイトに登録しました。 写真を撮って、振り込み口座の連絡、駐車場のサイズをはかるのみで完了! 貸す側と借りる側、両方とも楽しめるといいな??#一条工務店 #アイスマート #駐車場 #お小遣い稼ぎ

marronmarronさん(@marronmarron6800)がシェアした投稿 -


(全4枚:右にスワイプ)

 

この方は、当初は利用者(ドライバー)として特P(とくぴー)やakippa(あきっぱ)を利用していましたが、自宅にも空きスペースがあるため貸す側の駐車場オーナーとしても登録したようです。

 

特P(とくぴー)にもakippa(あきっぱ)も貸す側として登録してみていろいろ検討したところ、

特P(とくぴー)
  • メリットは、akippa(あきっぱ)よりまだ規模が小さくて競合が周囲に少ないので予約が入りやすい気がする
  • デメリットは、アプリがなく、まだサービスが若いため利用者数がakippa(あきっぱ)ほど多くないかも
akippa(あきっぱ)
  • メリットは、アプリがあってそれなりに利用者・登録駐車場もある
  • デメリットは、競合が結構いるので予約が埋まりにくく、手数料も特Pより高い(貸す側の取り分が少ない)
注意した点
  • 予約が重複した場合、駐車場オーナー都合のキャンセルには違約金がかかる

これらの点を考え一つのサービスに絞ったそうです(特P(とくぴー)にしたのかakippa(あきっぱ)にしたのか本文からは分からないですが)。

特P(とくぴー)の駐車場オーナー側の口コミA

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

#特p #駐車場投資

valueedge_instaさん(@valueedge_insta)がシェアした投稿 -

 

これは、特P(とくぴー)の実際の利用画面ですね。

 

特にキャプションはついていませんが、3月に3件の利用があったようです。こういう生の情報が見られると、「本当に予約が入るんだな」というのが分かってちょっと安心しますね。

特P(とくぴー)の利用者(ドライバー)側の口コミ@

 

こちらは特P(とくぴー)の利用者(ドライバー)側の口コミ(というか利用体験写真)です。

 

横浜アリーナ近くで予約した特P(とくぴー)駐車場に、1500円で駐車できたようです
。イベントのため、確実に(そして安く)停められる駐車場を探したのでしょう。

 

周辺のコインパーキングなどを見ると、1時間300円などなので、例えば10時間駐車したら3000円です。なので、このケースでは半額で駐車できたことになります。

 

特P(とくぴー)が上手に利用されていることの一例ですね◎

特P(とくぴー)の利用者(ドライバー)側の口コミA

 

 

 

 

 

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

昨日代々木の方に仕事に行ったんだけど、駐車場が馬鹿高いの。12時間止めて3000円、とかね。 こんな所に(画像)ちょうどいいスペースあったんで止めましたわ?。 「ちょっと、吉田さん!免許もってないんですか?レッカー移動されますよ!」 いやいや。ココはれっきとした時間貸し駐車場なんですよ! 特Pというサービスであらかじめwebで予約できる駐車場なのです。ナビタイムのマップ上で、P予約、と書かれた場所は予約制の駐車場。予約で確実に押さえることがてきて しかも近隣の駐車場よりかなり安い。ここは1200円だった。 でもこの場所は実際に行ってみてびっくりした。こんな所に停めんの?新手の 駐車場止められる詐欺かな、って思ったもん。 フォローはこちらです↓ @tabi.souji #旅する掃除屋 #旅行好きな人と繋がりたい #エコロジー #ボランティア #掃除屋#travel#invest#japan#日本#東京#tokyo #特P#駐車場問題#詐欺

旅する掃除屋 旅そーラボさん(@tabi.souji)がシェアした投稿 -

 

こちらも特P(とくぴー)の利用者(ドライバー)側の口コミです。

 

キャプションの中にありますが、「こんな所に停めんの?」と思ってしまう見た目の駐車スペースでしたが、れっきとした特P(とくぴー)駐車場。全く問題なく、もちろん他の駐車場と比べてもずっと安く停められたようです。

 

この口コミが駐車場オーナーの方にも参考になるかなと思ったのは、「こんなところに?」と思われるような場所でもきちんと駐車場登録することもできるし、予約も入るということですね。

 

「これならうちのスペースも登録してもいいかも?」と思えそうです。

いずれの口コミも、「ちょっと半信半疑だったけど、登録してみたら予約が入った!」とか「本当に駐車場が安く予約できて駐車もできた!」というリアルな感じが伝わってきます。

 

駐車場シェアリングが一般的になればなるほど、実際に成り立つのだということが当たり前になっていくのかもしれません。

【メリット・デメリット】特P(とくぴー)のメリットとデメリットって何?

特P(とくぴー)は、駐車場オーナーとして利用する場合にはどんなメリットやデメリットがあるのでしょうか?

 

考えられるメリット・デメリットをまとめてみました。

特P(とくぴー)のメリット@手数料が安い

特P(とくぴー)のメリットで一番大きいのはやはり「手数料が安い」ということでしょう。

 

同業他社では40%~50%に設定されていることが多い手数料ですが、特P(とくぴー)は業界最安の30%。

新しいサービスのため、駐車場の登録数を増やしたいという意欲が分かります。

 

手数料はオーナーの収入に直接関わるところなので、特P(とくぴー)の手数料の安さは大きなメリットの一つです。

特P(とくぴー)のメリットAサポート体制が手厚い

駐車場シェアリングサービス会社では、緊急相談電話窓口を設定しているところも多く、特P(とくぴー)もその一つ。

 

その中で特P(とくぴー)のサポート体制がメリットとして挙げられるのは、24時間対応してくれるだけでなく、「保険専門のスタッフ」も抱えているということです。

緊急対応が必要なのは通常、駐車場内で何かが破損したり事故があったりといった場面なので、保険での対応が必須となります。その時、保険会社だけでなく駐車場シェア会社側でも保険に精通したスタッフに助けてもらえるのはとても心強いメリットとなります。

特P(とくぴー)のメリットBサイトの使い勝手が良い

特P(とくぴー)のサイトはとても使い勝手が良いこともメリットとして挙げておきたいと思います。

例えば上の地図は味の素スタジアム周辺の駐車場を示しています。

 

地図の上で、駐車場の位置と料金が一目で分かるため、ドライバー(利用者)が自分の希望の駐車場を見つけやすいんですね。

 

他のサイトでは例えば、駐車場の印を一度タップしないと料金などの詳細情報が分からなかったりして、「一目で分かる」感覚がなかったりします。これが結構な違いになってくるのです。

 

地味な点ですが、こういう使い勝手の良さもこれからこの会社が伸びていくかどうかに関わるため、大事なメリットではないかなぁと思います。

特P(とくぴー)のデメリット@サービスとしては後発組

では次はデメリットです。

 

特P(とくぴー)のデメリットの一つ目は、業界の中ではまだ若い後発組であるということ。このため、ドライバー(利用者)も登録駐車場もそれほど多くはないです。

 

ただこのデメリットはメリットと表裏一体で、ライバルとなる駐車場が自分の周辺に少ないということは、自分の駐車場が選ばれやすくなるということでもあります。なので、このデメリットはメリットになることもあるんですね。

 

この意味で、このデメリットはちょっと戦略的に考えたいところです。

特P(とくぴー)のデメリットAアプリがない

もう一つ、特P(とくぴー)のデメリットは、アプリがないこと!

 

アプリがあれば、1回のタップですぐ特P(とくぴー)を呼び出すことができて便利なのに、これができないのは不便だー!

 

多分今、特P(とくぴー)の運営会社である株式会社アース・カーでは日夜アプリの開発に勤しんでいるのだろうと思います。アプリの有無は特P(とくぴー)の今後の成長に関わると思うので、是非頑張ってほしいところです。

現状アプリがないことはちょっと痛いですが、手数料の安さやサポート体制の手厚さ、サイトの使い勝手の良さなどは魅力的なメリットと言えるでしょう。

 

利用者や駐車場数の少なさは、場合によってメリットにすることもできる点なので、ご自分の所有駐車場ではメリットになるだろうか?という視点で検討してみると良いと思います。

【まとめ】特P(とくぴー)は駐車場オーナーにおすすめなの?

いかがでしたか?

 

ここまで、

  • 特P(とくぴー)の使い方
  • 特P(とくぴー)の売上・収入の予測
  • 特P(とくぴー)で月極駐車場を貸し出すこと
  • 特P(とくぴー)でのトラブルと対処法
  • 特P(とくぴー)の口コミ・評判
  • 特P(とくぴー)のメリットとデメリット

をまとめてきました。

 

特P(とくぴー)は後発組であることのデメリットはありますが、手数料を安く抑えたりサポート体制を充実させるなどの工夫を重ね、今ぐんぐん成長してきているサービスでもあります。

 

まだ周りにライバルが少ないという点を生かしながら、特P(とくぴー)でお小遣い稼ぎを始めてみてはいかがでしょうか?

 

 

TOPへ